ABOUT | Cantina Zio Setto

Cantina Zio Setto

カンティーナ・ジーオセット

「カンティーナ・ジーオセット」は、日本海に面した本州最大都市新潟市の西部30kmに位置する角田浜で2011年に創業したワイナリー。

創業者の瀬戸 潔(せときよし)は、2010年、26年間勤めた広告業界と出身地の東京を離れ、同年秋より新潟に移り住み「カーブドッチワイナリー」でぶどう栽培とワイン醸造を一から学ぶ。2011年にワイナリー建設用地の取得と共に法人を設立し、2013年5月に果実酒製造免許を取得した。

自社管理圃場(以下、自園)は1.0ヘクタール。栽培品種はツヴァイゲルト、ネッビオーロ、バルベラ、ランブルスコ、カベルネ・ソーヴィニョンの5種、赤ワイン用の品種。植え付け開始は2012年。自園ワインのリリースは2014年〜。年産目標2万本。ぶどう栽培とワイン醸造は瀬戸 潔自身が行います。

Terre Niigatane

テッレニイガターネ(新潟の大地という意味の造語)

デザインに込めた思いは土地への感謝。小麦、パン、パスタ、土壁や木目のベージュや茶色、ハーブや野菜、木々草花のグリーンなどなど。日常を彩る素朴な色合い風合いと温かさ。人や食が織りなす地域文化を大切にするイタリアへの憧れと尊敬の表現になります。
醸造責任者・瀬戸潔の妻-多恵子が書き溜めた日本画を用いた喜ばしいエチケットに仕上げてくれました。

ワイン用ブドウの栽培は年々厳しくなる気がします。気象の変化は皆さんも気付いているはずです。同業からも口に出されることが年々増えてきました。今まで通りにはいかないと・・・。夏の暑さを引きずる新潟の9月前半。とくにこの時期に収穫を迎えるブドウには厳しさが年々増すばかり。いま取り組むイタリア品種はすべて10月収穫の中生及び晩生種です。イタリア品種らしく酸も豊富で病気に強い気がします。まだ若木の段階で土地との相性は評価しにくいものところもあります。可能性がゼロになるまで挑戦を続けていきたいと思います。

最後に、この取り組みにご協力をいただいているすべての方々へ感謝御礼を申し上げます。 とりわけ、丹波ワイン様(京都府)、井筒ワイン様(長野県)、ダ・サスィーノ様(青森県)、カンティーナ・ヒロ様(山梨県)には、物心両面でのサポートに感謝申し上げます。


2022年2月
株式会社セトワイナリー 醸造責任者  瀬戸 潔